2000P's Blog

最初のページ

自衛隊のネット攻撃で日本の防衛相は情報漏洩が発見されていないと述べました。

著者 gardner 時間 2020-03-28
all

中新網は11月29日、日本のメディアによりますと、日本防衛省と自衛隊が使っている通信網「防衛情報通信インフラ」(DII)がサイバー攻撃を受け、陸上自衛隊のシステムが侵入された問題について、防衛相の水田朋美氏は29日の記者会見で具体的な事実関係を確認しておらず、「情報漏洩などは発見されていない」と述べました。

報道によると、稲田氏は「ネット攻撃とみられる不審メールや違法通信が普段から多く寄せられている」と指摘し、「サイバー防衛隊は24時間態勢で対応している」と強調した。

複数の日本防衛省関係者によると、DIIを接続している防衛大学と防衛医科大学のパソコンが不正にアクセスされています。ハッカーはこれらのコンピュータを「スプリングボード」として陸自のシステムを攻撃したかもしれません。同省は9月前後に問題を発見した直後にサイバー攻撃への警戒度を高めた。

日本防衛省は外部へのアクセス制限など防御態勢を強化していますが、今回の攻撃はより高度な手法を使い、国などが参加する組織的な攻撃があった疑いが高いということです。日本防衛省は事態が深刻だとしています。これは9月前後に発覚し、その後すぐにサイバー攻撃を警戒するレベルを高めた。