2000P's Blog

最初のページ

米国|「渉外情報監視法改正案」第702条授権は2023年まで延長された。

著者 winterton 時間 2020-04-11
all

タイトルをクリックして「ネットワーク法の前哨」に注目してください。

前哨語

2018年1月19日、トランプ米大統領は法案に署名し、論争がある「渉外情報監視法」702条項を6年間延長することを承認した。以下は新華社の報道と米国ホワイトハウスの公式声明です。

新華社ワシントンは1月19日、トランプ米大統領が19日に法案に署名し、論争がある「渉外情報監視法」702条項を6年間延長することを承認した。これは、米国の情報機関が無許可のまま、米国国外の目標であるメールやメールなどの通信を監視することができるという意味です。

アメリカ合衆国議会は2008年に702条を可決しましたが、この法案は19日で期限が切れます。2週間前に、米衆議院と参議院は、ほぼ修正せずに法案を延長することをそれぞれ承認しました。

ホワイトハウスは声明の中で、この法案は米国の情報機関に国外目標の情報を収集するように再授権し、米国の関連機関にもテロ防止とサイバー犯罪防止の情報を共有させることができると述べました。

2013年、米国の防衛請負業者の元従業員スノドンが、米国の情報機関がネットや電話を大規模に監視していることを暴露し、波紋を呼んだ。2015年、アメリカ合衆国議会は法案を可決し、米国内だけの監視項目を終了することを決定しました。

702条项については、米国内の主な论争は、直接米国国民を监视することは许されないが、外国人と通信するアメリカ人に関する情报を収集することができる。専門家によると、この法案は米国政府がGoogleやマイクロソフトなどの米国企業のデータを収集することも許されている。

そのため、ある議員は情報機関にアメリカ人の情報を集める前に先に法廷の授権を取るように制限条項を提出しましたが、衆議院の承認は得られませんでした。

ホワイトハウスの声明とトランプのツイ文は、最新の法案はアメリカ人のプライバシーの保護を強化し、権限の乱用に対する監督を増やし、オバマ政権時代の法案とは違っていると強調しました。

これに対して、米国公民自由連盟はトランプのツイ文を引用して、「これは嘘か、トランプか、また混同した」と述べました。組織は、この法案は実際に米国政府が米国人の個人的な電子メール、ショートメール、その他の通信に侵入し続けることを許可すると考えています。(記者の林小春周舟)

FOREGN POLICY

Issued on:Januar 19,2018

Today,I signed into law S.139,「FISA Amendments Reauthorization Act of 2017」(the「Act」).The Act reauthorizes Title VII of the Foreign Intelligence Surveillalance Auntil December 31,2023,InInIndedededededededededededededededededededededededededededededededededededededededededededededededededededededededededededededededededededededededededededededestststststststininininininininininder a robust regime of oversightby all three brance of Government、to collect critical intelligence on internal terrorists、weappons proliferators、and other importent foreign intelligence tats located outside the United Sttes.

This intelligence is vital to keeping the Nation safe.As shown by the recent atacks in New York Cit and elsewhere around the globe,we face a constant threat from foreign terrorit networks and the other foreighers hers therereders the foreighalterswe must be able to intercept the communications of foreign targetts who are reasonable believed to possess foreign intelligence information.Sect 702 provides the necessary authorityand it has proven to be among the Nation's most effective foreeeeinintelligenctools.It has enaboled Intelligence Comunnityto disrupt numerereroous plots plots InInInInInInininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininininststststststststststststzzzzzzzzzzzzcritically importa nationalsecurity tool.

702はアメリカ市民のためのロバストなプライバシー保護を提供します。そして、政府がそれを使用してアメリカにあるアメリカ人と人を対象とすることを禁止します行為は、伝えられるところでは、セクション702の下で偶然に集められるアメリカ人のプライバシーを保護するさらなる手順を確立しますセクション702の内容にアクセスする前に外国諜報監視裁判所からの命令を得てください-特定の米国の人「質問」条件を使って検索された取得された通信。この法律はFBIの能力を維持し、「ドットを接続」し、国家安全保障関連の脅威を探す。特に、第4条の改正は、第702条の下で合法的に収集された情報を照会する裁判所命令を必要としないが、第4条の改正は政府によって既に合法的に集められた情報である所有、この新しい手順は、法の他の監督と透明性の要件とともに、さらにプライバシー保護を提供しながら、我々の外国の情報収集の努力の操作上の有効性を維持します。

しかし、私は今日、この行為に署名することによって、しかし、私はこの合法で不可欠な情報プログラムが少なくとも次の6年の間アメリカ人を保護し続けることを確実としています我々の安全、我々の自由と我々の生き方。

ドナルド・J

ホワイトハウス

2018年1月19日

■二重法親王

照寂如来